幹細胞化粧品を使って肌に自信を取り戻そう

スプレーのように肌に

化粧品

刺激が少なく衛生的

一般的にはファンデーションはパフで、アイシャドウはアイブラシで肌に塗ります。塗ることで肌の色合いは美しくなりますが、その反面肌には、パフやアイブラシとの摩擦による刺激が与えられます。特にデリケートな肌の場合、使用を続けることで、表面が徐々に削れていき、荒れてしまうことがあるのです。しかしエアブラシを使ってメイクをすることで、こういったリスクは少なくなります。エアブラシとはスプレーのような器具で、使用すると、肌に直接触れることなく、メイク化粧品を吹きつけることができるのです。そのため、こするように塗る場合と異なり、摩擦による刺激はほとんど与えられません。パフやアイブラシの跡がつきにくい点も、エアブラシによるメイクのメリットです。さらにパフが入りにくい小鼻の横などにも、エアブラシを使用すればしっかりとファンデーションを塗ることができるのです。またパフやアイブラシは、基本的にメイク化粧品ごとに複数のものを用意する必要があります。たとえばひとつのパフを複数のファンデーションで使用すると、色が混ざってしまうからです。加えてどちらも、定期的に交換する必要があります。これらにはメイク化粧品はもちろん肌の皮脂や垢なども付着するので、長期の使用で雑菌が繁殖することがあるのです。しかしエアブラシの場合は、ひとつを複数のメイク化粧品に使用できます。カップ部分に水を入れてティッシュなどに吹きつければ、先に入れていたメイク化粧品は除去されるのです。そのため衛生状態も保たれやすく、交換の必要性も生じにくいと言えます。